自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

健やかに老いるための時間老年学

健やかに老いるための時間老年学

大塚邦明(著)

2000円+税

判型:四六判上製
頁数:264ページ
装丁:クラフト・エヴィング商會
発刊:2014年4月22日
ISBN:978-4-903908-52-6 C0047

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

古来、時間は私たちのからだの中に、生体リズムとして存在していた。
進化の過程で、私たちは時間を利用して健康を維持し、老・病・死を支配するようになったかに見えた。
しかし......認知症をはじめとする人の老いは、"生体リズムの老い"によってもたらされることが、近年の研究からわかってきている。

健康を維持し、老いのスピードを整え、病を予防し、健やかな長寿を得るために----。
「生体リズムを整える方法」を説いた、医学読み物。

ロングセラーとなった前著『病気にならないための時間医学』から6年。
60万人以上の患者を診てきた著者が綴る、新しい医学・時間老年学。

著者情報

大塚邦明(おおつか・くにあき)

1948年、愛媛県伊予三島市生まれ。九州大学医学部卒業。九州大学温泉治療学研究所助手、高知医科大学老年病学教室助手を経て、1998年より、東京女子医科大学東医療センター内科教授、2008年より、東京女子医科大学東医療センター病院長。2013年3月に定年にて退任。2013年4月より、東京女子医科大学名誉教授。時間医学老年総合内科 (寄附臨床研究部門) を主催。医学博士。時間医学・老年医学が専門。時間医学とフィールド医学の融合を求めている。日本循環器学会認定循環器専門医。日本老年医学会指導医。日本高血圧学会指導医。日本自律神経学会常任理事。米国ミネソタ大学Halberg Chronobiology Centerの名誉研究員。

著作に『病気にならないための時間医学−〈生体時計の神秘〉を科学する』 (ミシマ社)、『100歳を可能にする時間医学−老化と寿命の謎を解く』 (NTT出版)、『体内時計の謎に迫る〜体をまもる生体のリズム〜』(技術評論社)、『「時計遺伝子」の力をもっと活かす!がん、うつ、メタボも防ぐ、体内の「見張り番」』(小学館101新書)、『時間内科学』(中山書店)など。

ミシマガ情報

矢萩多聞さん、近藤淳也さん、小笠原綾さんと「働くからだ」についてお話しました。(全3回)

目次

はじめに
第一章 時間とは何か
第二章 時間と宇宙
第三章 生体時計が時間と寿命を支配する
第四章 生体時計も老化する
第五章 不老長寿と食のリズム
第六章 人はなぜ老いるのか
第七章 生体リズムが壊れてしまった大都会の住人
第八章 大都会でこそ必要とされる時間医学
第九章 生体リズムが生命の質を支える
第十章 健康セルフケアの町をつくる
おわりに

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •