原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

日帰り旅行は電車に乗って

日帰り旅行は電車に乗って関西編

細川貂々(著)

1,500円+税

刷り:3刷
判型:B6版変形並製
頁数:240ページ
装丁:いわながさとこ
発刊:2018年3月17日
ISBN:978-4-909394-04-0 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  • 取り扱い書店
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

なんの準備もせず、目的地も気にせずに、
ほんのちょっとの運賃で、夢の時間がやってくる

もう、休日の過ごし方に悩まない!
小学生の息子と一緒に、春夏秋冬ぶらりと楽しむ電車の旅を綴るコミックエッセイ。

一人旅にも、親子のレジャーにも!

<<いろんなところに行ってきました!>>

嵯峨野トロッコ列車、山陽電車、忍者電車、たま電車、叡山電車、能勢電鉄、近鉄、神戸電鉄、大阪モノレール、阪神電車...etc.
に乗って、
嵐山、明石、伊賀上野、和歌山、鞍馬、妙見の森、吉野、有馬温泉、万博記念公園、甲子園球場...etc.
へ行ってきました。

◎「みんなのミシマガジン」の人気連載「関西は電車に乗って」が一冊に!

著者情報

細川貂々(ほそかわ・てんてん)

1969年生まれ。セツ・モードセミナーを卒業後、漫画家・イラストレーターとして活動。電車好きになった息子の影響で、電車に乗るのが好きになる。2011年より関西在住。著書に『親子テツ』『それでも母が大好きです』(以上、朝日新聞出版)、『40歳から「キレイ」と「オシャレ」始めました。』『タカラヅカが好きすぎて』(以上、幻冬舎)、『わたしの主人公はわたし』(平凡社)、共著に『それでいい。』(水島広子、創元社)など多数。パートナーとの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』シリーズ(幻冬舎)はドラマ化、映画化もされた。

関連ニュース

ミシマガ情報

細川貂々さんとツレさんに聞く! 電車と子育て

釈徹宗×細川貂々 ふたりの「人生の名著」(と、おすすめの本)(1)
釈徹宗×細川貂々 ふたりの「人生の名著」(と、おすすめの本)(2)


書店員の方々の声

各駅停車で移動したくなるような、電車好きの仲間と分かち合いたい本が増えました。
――市岡陽子さん(喜久屋書店阿倍野店)

子育て中のガイド本であり、参加者が主人公になれる満足なガイド本。
――大江佐知子さん(ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店)

私も旅行に出かけた時は電車に乗ってワクワクするタイプなので、気持ちわかります!
――藤原好未さん(廣文館 広島駅ビル店)

特別電車が好きという訳ではないのですが、キュンキュンしました。特に、阪急電車!
――Mさん(ジュンク堂書店 西宮店)

いつもの車窓、見慣れた街も貂々さん一家と一緒なら違った見方ができるんじゃなかろうか。としたら、視点を変えればいつもの景色にも新たな発見があるのでは!? 新鮮な驚きと発見のコツを教えてもらったように思います。
――横田かおりさん(本の森セルバ 岡山店)

目次

はじめに

・春の巻
電車でお花見 嵯峨野トロッコ
梅の咲く頃 素朴な山陽電車に乗る
縁起もの タヌキと出会える信楽高原鐵道
水の流れるごとく 水間鉄道の旅

・夏の巻
忍者列車でニンニン
願かけ阪堺電車
ニッポンの夏に比叡山に行こう
おもいがけず 北播磨で鉄道制覇
生駒ケーブルと大ブツブツ坊や
和歌山にネコの駅長に会いにいく

・秋の巻
高野山でお大師さまに会う
神のいない月 京阪で成長を知る
近鉄に乗って 吉野に紅葉を見にいこう
大阪のスゴイゴミすて場ってドコ?
叡電に乗っててんぐに会う旅
能勢電で星の山と銀河鉄道の旅

・冬の巻
阪神線で年末を
新春 空飛ぶじゅうたん大阪モノレール
関西国際空港に行って なぜか船にのる
神戸電鉄で有馬温泉
大阪環状線でぐるぐるまわる

おわりに

◎ミニコラムや沿線のおすすめ情報、MAPも収録!

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •