自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

坊さん、父になる。

坊さん、父になる。

白川密成(著)

1600円+税

刷り:3刷
判型:四六判並製
頁数:240ページ
装丁:寄藤文平・杉山健太郎(文平銀座)
発刊:2015年9月11日
ISBN:978-4-903908-48-9 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

坊さん歴、十年。

それは僕にとって、「妻との結婚」「お寺の新しい建物、演仏堂の建立」「すこしばかりの心身の不調」、そして「娘を授かり父親になる」という人生の大きな節目でもあった。そして、そんな頃に考えてきたこと、なにげないけれど、時々とても大切なように感じられる「仏のヒント」を、まるで親しい友だちに手紙を書くように、今から、みなさんにお話ししたい。
――プロローグより

「仏様、大師様、ボクを救って。」
心身の不調、結婚、そして父になるという重み...。

苦悩する若き住職が、仏教を通して見つけたもの、そ・れ・は!
ボクは坊さん。』(2015年秋映画化)をしのぐ名作、誕生!!

前作『ボクは坊さん。』2015年、映画化!
主演:伊藤淳史 共演:濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形、山本美月、溝端淳平 ほか

著者情報

白川密成(しらかわ・みっせい)

1977年愛媛県生まれ。栄福寺住職。高校を卒業後、高野山大学密教学科に入学。大学卒業後、地元の書店で社員として働くが、2001年、先代住職の遷化をうけて、24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任する。同年、『ほぼ日刊イトイ新聞』において、「坊さん――57番札所24歳住職7転8起の日々――」の連載を開始し2008年まで231回の文章を寄稿。2010年、『ボクは坊さん。』(ミシマ社)を出版。2015年10月映画化。他の著書に『空海さんに聞いてみよう。』(徳間書店)がある。
栄福寺ウェブサイト「山歌う」

ミシマガ情報

2冊目となる『坊さん、父になる。』を書きあげる前の、悩める密成さんと三島の対談。
ボクは悩める坊さん。~ミッセイ和尚、2冊目を書きあげることができるのか?」(全4回)


仏教と宗教、生き死に、そして家族の話まで、縦横無尽に広がる二人のお坊さんによる対話! 「二人の坊さんは、こう考える。 釈徹宗×白川密成

『ボクは坊さん。』映画化記念対談 白川密成さん×安藤親広さん」(全2回)
 

目次

プロローグ
第1話 沈黙の語るもの
第2話 結婚式に歌う坊さん
第3話 出し惜しみ
第4話 人間関係で意識する「フラット」であること
第5話 中道の机
第6話 見えるところに置いて、トレースする
第7話 音楽がきこえる
第8話 神秘の準備
第9話 演仏堂を建立しました
第10話 からみ合う生と死。〝気をつけて〟生きる
第11話 死者の世界にお邪魔する
第12話 〝ゆるす、なだめる〟状況打開のヒント
第13話 子どもを授かる
エピローグ ―― そして話は最初に戻る
あとがき

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •