自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

アマチュア論。

アマチュア論。

勢古浩爾(著)

1600円+税

判型:46判並製
頁数:240ページ
装丁:尾原史和(SOUP DESIGN)
発刊:2007年8月1日
ISBN:978-4-903908-02-1

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

別バージョンの書影

  • アマチュア論。

内容

自称「オレってプロ」にロクな奴はいない! 現代の日本人に必要なのは、「武士道」でもない、「プロ意識」でもない、「アマチュア精神」ではないのか。
企業の倫理も個人の良心ももはや壊滅的に思えてしまう昨今、こんな時代だからこそ、あえて訴えたい。「まともに生きよ」と。
「ふつうの人」の生き方を問い続けてきた著者が、全身全霊を傾けて書き下ろした一冊。

著者情報

勢古浩爾(せこ・こうじ)

1947年大分県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。洋書輸入会社に入社したが2006年に退社、執筆活動に専念。「ふつうの人」の立場から「自分」が生きていくことの意味を問いつづけ、『まれに見るバカ』(洋泉社・新書y)で話題に。『会社員の父から息子へ』(ちくま新書)、『定年後のリアル』(草思社文庫)など著書多数。

パブリシティ情報

プロとなってなおアマチュア精神を持ち続けられるか。仕事人としての課題をズバリ突きつけてくれる、ありがたい本です。
(土井英司氏、メルマガ「ビジネスブックマラソン」07.10.04より)

「社会人1年目に出会っていればよかったと悔やまれるのが、勢古浩爾『アマチュア論。』。つい何度も笑ってしまった」。』
(東川端参丁目氏、「週刊現代」07.9.22号)

本書は、そんな「プロ」を自称する人々に向けて異を唱えようとする、ちょっとひねくれた本だ。なにしろ、装丁からしてねじくれている。
(小田嶋隆氏、「北國新聞」07.8.26)

第6章の「これが負けないアマチュア的思考」は熟読されたし。天職に近づく人間に必要なことに気づかされる。
(「R25」07.8.23 NO.155)         

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •